施設長の学び!

障害者福祉作業所で、楽しく働くために…!!

習えるものは習えばいい

習えるものは習えばいい
 タウン情報誌などを扱っている出版社の社長さんに、経営上の体験などをうかがう機会がありました。

 弁舌さわやか。それに面白くて分かりやすい。
 「マスコミ業界のベテランだけはあるなぁ」などと感心する私に、社長さんは「こんなにペラペラしゃべってますけど、実は私、昔はひどい口下手だったんですよ」。


 出版社を興す前、社長さんはイラストレーターで、むしろ寡黙にコツコツと仕事をするタイプだったとのこと。
 
 そこで、話術が上達した秘訣を問うてみたところ、「簡単なことです。習ったんですよ」との回答。
 巷にある“話し方教室”などを調べ、評判の良さそうな講座に入門したそうです。

 いささか拍子抜けした私の心を、社長さんは見抜いたのかも知れません。
 「『なぁんだ』って思いました? 習って身に付くものは、習えばいいんですよ。恥ずかしがらずにね」

 会話や所作などを“習う”ことに、しばしば私たちは罪悪感や恥ずかしさを覚えます。
 そこには「会話や所作の出来不出来は、当人の内面の表れである」との固定観念が働いている模様。本来であれば“人格的な充実”を目指すべきところを、姑息な手段で済ませようとしている…そのように思えてしまうのでしょう。

 「大切なのは『しっかり話す』『きちんと伝える』ということ。それが習って済ませられるのなら、習うべきですよ」と社長さん。

 私も口下手で、いささか劣等感を覚えてもいるのですが。
 内面や人格のことを悩んでいる時間があるのなら、さっさと習い憶えた方が良さそうです。

photo credit: J-T-M #022 – Bad via photopin (license)