出生前診断…是非を超える社会へ | 施設長の学び!

出生前診断…是非を超える社会へ

出生前診断…是非を超える社会へ
 胎児の染色体異常を高精度で調べられる、新たな出生前診断が登場しました。
 妊婦の血液検査でできることから、安全性や簡便性が評価される半面、倫理的な問題も指摘されています。

 私にはダウン症の弟がいるので、倫理的な問題について、“障害者の兄”という立場から個人的な意見を語ることはできます。

 ですが、ここでは是非ではなく、“その先”に目を向けてみます。


 私が従事している障害者福祉は、是非を超えた回答を示せるかも知れません。

 障害者福祉には多くの分野があり、さまざまな人びとが関わっています。
 それでも、すべてに共通するであろう“大枠”は、短期的には「障害者の支援」を行なうものであり、長期的には「障害者の暮らしやすい社会の実現」を目指すものです。
 その先には、おそらく「障害自体が“不幸”と見なされない」みたいな理想があるでしょう。

 障害者福祉が進歩していけば、母子の“幸/不幸”を判断するうえで、出生前診断は役立たなくなるはずです。

 役立たないと断言できる日がいつになるのか、実際に到来するのかは分かりません。
 けれど、世界中で不断の努力が重ねられており、わずかずつでも進歩が見られます。微力ではありますが、私自身も関与しているつもりです。

 安全で簡便な出生前診断は、科学技術の進歩によって実現しました。
 科学が進歩する一方で、福祉も進歩していくと信じています。

photo credit: colm.mcmullan via photo pin cc