施設長の学び!

障害者福祉作業所で、楽しく働くために…!!

技術としての傾聴

 
 「傾聴」という言葉があります。
 大まかな意味は「相手の言葉を、注意深く丁寧に聴き取ること」。福祉においてはカウンセリングなどの、ビジネス関係ではコーチングなどの、基本的な技術とされています。

 ところが、技術であるはずなのに、教えられているのは一般的に、姿勢や心構えなど抽象的なものが多いようです。


 どうすれば傾聴になるのでしょうか? どうすれば「相手の言葉を、注意深く丁寧に聴き取ること」になるのでしょうか?

 相手の話していることを、自分の言葉で言い換えつつ、そこに感情を反映させる。

 私が見聞きした中では、これが傾聴についての最も具体的で分かりやすい説明です。
 スティーブン・R・コヴィー著『7つの習慣』で述べられています。ビジネス書なので、いささか言説が即物的ではありますが。

 「会社に行くのがつらいんです…」
 「出社する意欲が湧かずに、悩んでいるようですね」

 「企画の手応え、悪くないんですよ」
 「うまく企画が通って、充実感があるみたいですね」

 スムーズに応答できるようになれば、傾聴が技術として身に付いていると言えそうです。

 これは武術での“型”に相当するものでしょう。現場でそのまま通用するとは限りません。
 さまざまな状況で活用するには、姿勢や心構えが、やはり大切です。

photo credit: Dmitry Valberg via photopin cc