施設長の学び!

障害者福祉作業所で、楽しく働くために…!!

労働の価値を考える

労働の価値を考える
 40歳代のAさん。ウチの施設では古参の利用者さんです。
 作業能力が高いとは言えないものの、何にでも積極的。毎月の工賃支給日には、ささやかな額が入った工賃袋を、嬉しそうに受け取ってくれます。

 ところが、Aさんは帰宅後、工賃袋を仏壇に供えて手を合わせると…もう工賃袋には見向きもしなくなるそうです。
 ご家族から、そう聞きました。


 お金とは何か、どのように使うのか、使って何ができるのか…Aさんは理解していないようです。
 けれど、Aさんの年齢や障害程度などを考えると、金銭への理解を進めていく支援は困難に思えます。

 施設でのAさんを見れば、当人が働く喜びを知っていることが分かります。
 利用者さん同士で協力する楽しさ、受け持つ作業を果たした達成感、製品を買ってもらえた時の嬉しさなどを、Aさんは経験しています。それらに価値を見出している様子もうかがえます。

 Aさんにとって工賃とは、毎月の頑張りを賞して施設側から授与される“記念品”のようなものかも知れません。労働へのモチベーションは、Aさんの場合、工賃の金額からは生じないのでしょう。
 
 労働の根本にある尊さを、Aさんは教えてくれます。
 そして、Aさんの労働を無駄にしない事業運営の重要性を、施設長として痛感させられるのです。

photo credit: stevendepolo via photopin cc