施設長の学び!

障害者福祉作業所で、楽しく働くために…!!

44歳で老人会のメンバーに?

44歳で老人会のメンバーに?
 私の知人に、ケアマネジャーの女性がいます。
 ステップアップを目指して現在、社会福祉士の試験勉強中。

 この女性、珍しいことに44歳で地元の老人会に入会、さまざまな地域活動に取り組んでいます。
 ユニークな価値観と、パワフルな行動力の持ち主なのです。


 老人会という組織には、年齢制限が無い模様。
 上限も下限も決まっていないため、“高齢者”に属さなくても入会できるのです。

 彼女の親御さんは、かつてこの老人会の会長を務めていました。それをきっかけに、入会を勧める声がかかったとのこと。
 また、停滞気味の組織に活力を呼び込みたいという、老人会側の思惑もあったようです。

 「老人会は楽しい」と彼女は言います。
 最年少のメンバーですから当然、周りからはチヤホヤ。それに、みんな「若い人は、言うこともやることも違うなぁ」などと大らかに受け止めてくれるので、伸び伸びと活動することができるそうです。

 チヤホヤされるばかりではなく、彼女は率先してイベントや収益事業などに奔走。独自企画も打ち出すなど、老人会側の目論見どおりに、活力をもたらす存在となっているようです。
 もはや“ソーシャルワーク”ですね。

 努力家の彼女は、いずれ試験に合格するでしょう。
 どのような社会福祉士になるのか、とても楽しみです。そして、老人会メンバーとしての今後も。

photo credit: JD Hancock via photopin cc