施設長の学び!

障害者福祉作業所で、楽しく働くために…!!

仕事のやりがいを支える“土台”

仕事のやりがいを支える“土台”
 出入りが激しいと言われる、福祉の業界。
 私自身、思いがけない職員の退職に直面し、経営者として人材採用に追われた経験があります。

 「あんなに意欲が高かったのに、なぜ…?」「利用者さんみんなから慕われていたのに、なぜ…?」
 そのような疑問を抱え込んだことも。


 職員の待遇について、あるベテランの企業家が、有名な「マズローの欲求段階説」を用いて説明してくれました。
 ちなみに欲求段階説とは、人間の欲求は下から「生理的欲求」「安全欲求」「社会的欲求」「尊厳欲求」「自己実現欲求」の5段階に分かれており、低次の欲求が満たされると高次の欲求が生じる…というもの。

 その企業家によると、経験上、職員が企業・組織に求めることは「生活の安定」「労働環境」「仕事のやりがい」に集約されるそうです。

 生活の安定とは、給与や福利厚生のこと。生理的欲求や安全欲求に当たります。
 労働環境とは、職場での人間関係や勤務体制のこと。社会的欲求に当たります。
 仕事のやりがい、これは字義どおり。尊厳欲求や自己実現欲求に当たります。

 「経営者は社員に対し、仕事のやりがいを求めがち」と企業家。「間違いではありませんが、その下にある欲求を満たすことができているのかどうかを、経営する側は考えておかなければなりません」

 やりがいだけで成立するもの…それは“趣味”あるいは“ボランティア”でしょう。そこに責任や義務はありません。
 職業人としての働きを期待したいのであれば、経営者は、やりがいを支えるしっかりとした“土台”を用意しておかなければならないのです。

photo credit: BetterWorks via photopin cc