怒りに自覚的になる | 施設長の学び!

怒りに自覚的になる

怒りに自覚的になる
 怒りっぽい方ではない私ですが、何かの拍子にカッとなり、つい大人げない言動に及んでしまうこともあります。
 後悔先に立たず。このような事態は、福祉専門職としても施設経営者としても、できるだけ避けたいですよね。

 「アンガーマネジメント」という、怒りの感情をコントロールする技法があります。
 コーチングを行なっている知人に教わりました。


 簡単なものから緻密なものまで、さまざまにある中から、勧められたのは「怒りの記録」。
 怒りの感情を覚えた時、そのことをメモ帳などに記録するという手法です。

 記録する項目は7つ。
 ①日時・場所②出来事③思ったこと④自分の言動⑤相手にして欲しかったこと⑥結果⑦怒りの強さ

 このうち、「怒りの強さ」は10段階で表します。
 1~3:不愉快、イラッとする、ムッとする
 4~6:怒り、イライラ、顔に出る、腹が立つ
 7~9:カーッとする、言動に出る、激怒
 10:爆発する、震えが止まらない

 これらの記録を続けていると、自分の“怒りの傾向”みたいなものが分かってくるそうです。
 どのような場合に、自分はイラだつのか/怒るのか…これが把握できれば、なるほど、怒りを未然に抑えることができそうです。

 たまたま私は、メモを取ることに抵抗を感じない性格。しばらく続けてみることにしました。
 怒りの記録によって、これから何が明らかになるのでしょうか?

photo credit: Hater Lomograph via photopin (license)

ブログランキング

にほんブログ村 障がい者福祉・介護へ
↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪