具体的にほめる、方法と理由 | 施設長の学び!

具体的にほめる、方法と理由

具体的にほめる、方法と理由
 ほめることの効能について、これまでに何度も書いてきました。
 福祉の支援現場において不可欠な技法であり、技法を超えた“心構え”とも言えそうです。

 「ほめる時は、できるだけ具体的に」これは先日の研修で聞いた言葉です。
 どうすれば具体的にほめたことになるのか? どうして具体的にほめなければならないのか? …分かりやすく教えてもらいました。


 例えば、任された作業を、利用者さんが完了した場合。
 「頑張りましたね」ではなく、「◯◯個みんなできましたね」などとほめます。

 例えば、利用者さんの作業に、質的な向上が見られる場合。
 「上手ですよ」ではなく、「◯◯さんと同じくらい良くできてますよ」などとほめます。

 数値やモデルなどを挙げ、そこに肯定的な評価を加えるのです。

 知的障害、特に自閉症スペクトラムの人たちには、“想像性の障害”があります。
 そのため、しばしば言外のニュアンスが見過ごされてしまう。「表現されていないことへの期待」や「真の意図」などを理解してもらうことが難しいそうです。

 具体的にほめなければ、こちらの真意が伝わらなかったり、誤解されることにもなりかねません。

 研修ではもうひとつ、「肯定的にほめる」が強調されていました。
 ほめているのに否定的…つまりは、皮肉や逆説のようなレトリックは禁物ということです。それこそ、誤解を招いてしまうでしょう。

 具体的に、そして肯定的に。
 つくづく思うのですが、“ほめる”とは奥深い技法です。

photo credit: R.A. Killmer Drama…emotion…entertainment via photopin (license)