施設長の学び!

障害者福祉作業所で、楽しく働くために…!!

カテゴリー【 ≫考察 】

風呂敷理論の“真実”

風呂敷理論の“真実”

 「風呂敷理論」というものがあるそうです。
 たまたま先日、小学校の先生から教えてもらいました。

 拡げた風呂敷の、どこか一箇所を摘んで引き上げれば、やがて全体が持ち上がります。
 同様に、「ある部分を向上させることが、結果的に全体の向上につながる」という訳です。

≫続きを読む

怒りに自覚的になる(2)

怒りに自覚的になる(2)

 以前に書いた『怒りに自覚的になる』の続きです。

 自分の怒りの感情をコントロールする「アンガーマネジメント」の一環で、怒りの感情を覚えた時にメモを取る「怒りの記録」を行なうことにした私。
 メモ帳を携帯し、イラッとしたりカッとした時、その場の状況や“怒りの度合い”などを記録してみました。

 2週間ほど記録を続け、それを振り返っての感想です。

≫続きを読む

怒りに自覚的になる

怒りに自覚的になる

 怒りっぽい方ではない私ですが、何かの拍子にカッとなり、つい大人げない言動に及んでしまうこともあります。
 後悔先に立たず。このような事態は、福祉専門職としても施設経営者としても、できるだけ避けたいですよね。

 「アンガーマネジメント」という、怒りの感情をコントロールする技法があります。
 コーチングを行なっている知人に教わりました。

≫続きを読む

人口減少社会と障害者福祉

人口減少社会と障害者福祉

 経営者団体の会合に参加した時のこと。
 自治体から招かれた商工業関係部局の部長が、地元の経済・産業界を取り巻く状況についての講演を行ないました。

 少子高齢化、労働人口の減少、若者たちの流出、新規採用者の定着率低下…厳しい言葉が並びます。
 パーティーに先立っての講演だったので、部長さんは「できるだけ明るいお話にしたかったのですが」と、いささか申し訳なさそうな様子でした。

≫続きを読む

仕事のやりがいを支える“土台”

仕事のやりがいを支える“土台”

 出入りが激しいと言われる、福祉の業界。
 私自身、思いがけない職員の退職に直面し、経営者として人材採用に追われた経験があります。

 「あんなに意欲が高かったのに、なぜ…?」「利用者さんみんなから慕われていたのに、なぜ…?」
 そのような疑問を抱え込んだことも。

≫続きを読む