“多元中継”でグイグイ読ませる 『ハイペリオンの没落』(上・下)

 SF4部作の第2部。
 前作『ハイペリオン』の“解決編”みたいな位置付け。

 オムニバス的だった前作と異なり、戦場や宇宙空間、電脳空間、会議室、廃墟、遺跡、未来世界などなど目まぐるしく場面が入れ替わって“多元中継”の趣。

 グイグイと読ませる、壮大にして緻密な物語を堪能しました♪

ブログランキング

にほんブログ村 書評・レビューへ
↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪