濃厚なまま最終決戦へ 『獅子の門 鬼神編』

 夢枕獏の格闘小説、30年かけての完結編。

 格闘技に情熱を燃やす青年5人と、それを見守る達人・羽柴彦六の物語…だったんだけど、闇の格闘家・久我重明の存在感が大きくなり、青年たちや彦六を喰ってしまう展開へ。
 さらには、狂気の天才・鹿久間源に加え、投げ技ジャンキー・岩上京太、死に急ぐ古武術家・村上喜左衛門などなど、土壇場になって魅力的なキャラが次々に登場。
 あと3巻くらいは続けられそうな“濃さ”のまま、彦六と重明の最終決戦へとなだれ込む。

 登場人物たちが勝手に動き出した結果として読めば、これはこれで面白い。

 とりわけ、格闘シーンについては、ありとあらゆる描写の見本市。こんなに書ける人って、他にはいないと思います♪

ブログランキング

にほんブログ村 書評・レビューへ
↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪