最低限の投資で楽しみながら 『小商いのはじめかた』

 無理をしない範囲で“商売”を行なってる事例を紹介した本。

 ワークショップも手がける焼芋屋、全国を旅しながら公園や道端で店を開く古書店、自転車で街を回るケーキの移動販売、フランス人が自国向けに始めた弁当箱のネット販売、などなど…。

 自分の得意なことや興味があることを、最低限の投資でビジネス化してるものばかり。金儲けにガッつくことなく、楽しみながら取り組んでるところも共通する。

 成功してる人たちは、別に“食い扶持”を確保し、「もう後がない」「失敗できない」みたいな切迫感とは無縁なようです♪

ブログランキング

にほんブログ村 書評・レビューへ
↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪