不安や戸惑いに揺れる 『書店不屈宣言』

 ベテラン書店員が、書籍販売の舞台裏などをつづったエッセイ集。

 インターネット販売の興隆や出版不況、電子書籍の普及などにより、書店と書店員の存在は脅かされてるそうな。

 それでも、書籍という紙媒体には独特な価値があり、読者へ対面販売する書店には独特な文化がある…と著者は信じ、生き残りの道を模索する。

 勇ましい書名とはうらはらに、不安や戸惑いに揺れてる内容でした…

ブログランキング

にほんブログ村 書評・レビューへ
↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪