心のスキマを動物で埋める 『イヌネコにしか心を開けない人たち』

 ペットを溺愛する人びとが増えてる現状を、香山リカが考察した本。
 ちなみに著者自身、イヌもネコも飼っており、ペットロスの経験もあるそうな。

 社会の“ペット観”は変化してる模様。
 従来の飼い主は、人間へ向けられる愛情の“余剰分”をイヌネコに回してた。昨今の飼い主は、人間よりもイヌネコを優先したがる。

 そんな飼い主には“心のスキマを動物で埋める”という傾向が見られる。
 精神的に余裕がなく、脆弱になってる人こそ、ペットに深く依存してしまうらしい。
 人間と違ってペットは、言語コミュニケーションが要らない相手だし、一方的な愛玩を拒否しない存在だから。

 少子化との関連も指摘されてるけど、ペットの溺愛が“原因”でそうなるのか“結果”でそうなるのかは不明とのこと。

 エッセイ風の軽い読み物だけど、なかなかに鋭いぞ。
 巨大化してるペット産業とか、動物愛護が批判されにくい状況などを考えると、「よくぞ書いたな」という感じも♪

ブログランキング

にほんブログ村 書評・レビューへ
↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪