医療の自由化・産業化を主張 『あなたの仕事は「誰を」幸せにするか?』

 医療法人社団の理事長が、大胆な医療制度改革を訴えてる本。

 国民皆保険とフリーアクセスが特長とされる日本の医療制度だけど、少子高齢化による財源不足や人材難で、今や危機的状況にあるらしい。
 そこで著者は、低所得者へのセーフティーネットを確保した上での、医療サービスの自由化・産業化を主張する。

 理想論に終わらせず、著者は経営してる病院で、ワンコインでのコンビニ健診や、地元住民からのボランティアスタッフ受け入れなどを実践。カンボジアでの病院経営にも着手しており、これは革新的手法を開発途上国で成功させて逆輸入するためだと。
 有言実行の見本みたいな。

 掲げてるビジョンの明確さとか、アイデアの着実な具現化とか、学ぶところが多いです♪

ブログランキング

にほんブログ村 書評・レビューへ
↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪