長編群の隙間を埋める短編集 『機龍警察 火宅』

 『ワイルド7』と『パトレイバー』と『新宿鮫』と『ボトムズ』を混ぜ合わせ、今野敏あたりを振りかけたような近未来SF警察シリーズの短編集。

 8話それぞれに独立してるものの、これまでの長編群の隙間を埋めるように書いてあるので、物語世界がより重厚に。
 特捜部の面々のキャラも、いっそう立ってるぞ。

 全体的にハイレベルだけど、由紀谷警部補の高校時代を描いた「沙弥」と、宮近理事官が公私にわたってドタバタする「勤行」が、個人的には良かったです♪

ブログランキング

にほんブログ村 書評・レビューへ
↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪