融合進んで新しい作風が 『プリニウス』(2)

 ユニークな合作マンガの第2巻。

 ヤマザキマリととり・みき、両作者の融合が進んで、新しい作風が生まれつつある模様。

 出来としては、いささかクロウト好みというか、読み手を置いてけぼりにしてるっぽいところも。
 だけど、巻末の作者対談の“鑑賞法”に従って読めば、ふんだんに盛り込まれた描き手のコダワリが分かる。

 人気を意識したマンガとは別種の魅力が感じられます♪

ブログランキング

にほんブログ村 書評・レビューへ
↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪