凡人を魅了する天才の輝き 『真剣師 小池重明』

 団鬼六の人物評伝。天才的な真剣師(賭け将棋のギャンブラー)の破天荒すぎる生涯を、愛憎入り交じった筆致でつづる。

 プロ棋士さえ圧倒する強さから「新宿の殺し屋」などと呼ばれた半面、金銭トラブルが絶えず、恩人(著者も含めて)を何度も裏切り、駆け落ちを繰り返し、酒におぼれて、最期は孤独に病没。それでも、通天閣将棋道場で行なわれた2日がかりの7連戦など、数々の伝説的対局で見せた棋力は怪物みたいだったそうな。
 どうしようもないダメ人間なのに、すっごく魅力的。

 私たち凡人を魅了する天才の輝きって、人間性や道徳とは別次元にあるということがよく分かります♪

ブログランキング

にほんブログ村 書評・レビューへ
↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪