新分野“読書ギャグ”開拓 『バーナード嬢曰く。』(1、2)

 “読書ギャグ”とも言うべき新分野を開拓したマンガ。

 周りから読書家と見られたいけれど、労力は最小限で済ませたいという、お調子者の女子高校生が主人公。

 「『へぇこれ文庫化したんだー』とハードカバー版でとっくに読んでるふうな顔をする作戦」とか「挿絵がどうとかジュニア版のあるある話に入っていけないんだよね…ってさみしげに異端アピールをかましてやる計画」などなど、読書好きのツボをグイグイ押してくるネタ&話題がどっさり。

 「買うに決まっている!だが悩ましげに買わせろ!!!」とか「旧版こそ本物ってカンジがする!!」などなど、名言(?)もテンコ盛りです♪

ブログランキング

にほんブログ村 書評・レビューへ
↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪