一杯やりたくなってしまう 『荒野のグルメ』(1)

 働くオトコたちは荒野をさすらう旅人であり、立ち寄る小料理屋は馬を休めるオアシスである…という分かりやすい主旨の連作短編マンガ。

 読めば誰だって、馴染みの店のカウンターで、勤め帰りに一杯やりたくなってしまうはず。サラリーマンであろうとなかろうと。
 すべては、作中の小料理屋「よし野」みたいな、理想の店に出合えるかどうかにかかってます♪

ブログランキング

にほんブログ村 書評・レビューへ
↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪