スーパーヒーローと呼ぶには、あまりにも地味、あまりにも渋い 『デアデビル:マン・ウィズアウト・フィアー』

 アメリカンコミックのスーパーヒーロー「デアデビル」のオリジン(誕生秘話)。

 デアデビルの“正体”は、ニューヨークで働く弁護士のマット・マードック。
 盲目だけど、他の感覚がレーダーみたいに鋭敏。ボクシングや東洋武術などを駆使して戦う。

 マットは少年時代、交通事故で失明し、その時に浴びた放射性廃棄物の作用で超感覚を授かった。
 父親は落ち目のプロボクサー、母親は離婚して行方不明。ギャングから持ちかけられた八百長試合を断った父親は、報復で殺害されてしまう。

 勉学に励み、弱者を助ける弁護士を目指すマット。一方で、理不尽な運命がもたらした破壊衝動を、悪党どもにぶつけずにはいられない。
 抑えきれない熱情を抱きつつ、マットは犯罪との果てしない死闘へ身を投じていく…。

 原色が似合う“普通のヒーロー”だったデアデビルを、鬼才フランク・ミラーが過去にさかのぼって手を入れ、シリアスにリアリスティックに生まれ変わらせた。
 コミックの枠を超えた傑作とも評される本書。現在のデアデビルは、このオリジンに基づいて描き継がれてる。

 感覚が鋭いとは言え、心も体も常人でしかないデアデビル。超能力や怪力とは無縁だし、秘密兵器みたいなシロモノを持ってる訳でもない。

 スーパーヒーローと呼ぶには、あまりにも地味、あまりにも渋い。「弱い」とさえ言える。
 だけど、だからこそ、身ひとつで巨悪に立ち向かう、その姿がカッコ良いのです♪

ブログランキング

にほんブログ村 書評・レビューへ
↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪