個人的に思い出深い一冊 『バールのようなもの』

 清水義範の短編小説集。

 エッセイ風あり、パスティーシュ(文体模倣)あり、人間観察に基づいた業界裏話(?)あり、どれも軽妙な12編。
 表題作は、テレビや新聞の事件報道にしばしば登場する「バールのようなもの」とは何なのか、やたらと気になってしまった男性のトホホな物語。

 地元図書館のビブリオバトルに初めて出場した際、チャンプ本に選ばれ、個人的に思い出深い一冊となりました♪

ブログランキング

にほんブログ村 書評・レビューへ
↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪