急展開と大激闘に翻弄 『ウィザード』(1・2)

 『ナイト』に続く、冒険ファンタジーの後半。

 急展開と大激闘が交互に繰り返され、翻弄されてる間に終幕を迎えた感じ。
 ページをめくりながら、「主人公の出生には秘密があるらしい」とか「書かれてない事実をほのめかしてる箇所がある」とか気付きはするんだけど、はっきりとは分からない。

 いずれ再読、再再読した時、「そーゆーことか!」と明らかになるはず。
 そこがジーン・ウルフの魅力なのです♪

ブログランキング

にほんブログ村 書評・レビューへ
↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪