ウルトラマンと仮面ライダーみたいな? 『スーパーマン/バットマン:パブリック・エネミー』

 アメリカンコミックの2大ヒーロー、スーパーマンとバットマンのタッグ。
 この有名コンビは「ワールド・ファイネスト(世界最高)」なんて呼ばれてる。

 片や、強大な超能力を駆使するスーパーマン。片や、頑健だけどフツーの成年男子であるバットマン。
 ヒーローとしての“強さ”には、大きな格差が。タッグを組むなんて無理があるように思える。

 ところが両者は、人気やキャリアなどを加味した、ヒーローとしての“格”においては同等。むしろ、バットマンの方がややリードしてるとも言える。
 どこかプロレスラーの扱いに似てるような気がする。

 常人のバットマンだけど、異星人のスーパーマンに出し抜かれることはほとんどない。逆に、善良で純朴なスーパーマンは、冷徹で狡猾なバットマンに、しばしば踊らされたりする。

 こーゆーところに私は、醍醐味を感じ、ロマンを覚えるのです。

 強さのレベルは異なるけど、ヒーローとしては同格…日本で例えるなら、ウルトラマンと仮面ライダーみたいなもの。実際「ウルトラマンVS仮面ライダー」という映画が制作されてるけど。

 本作では、敵役のレックス・ルーサーが合衆国大統領に就任しており、さすがの2大ヒーローも苦戦する。
 “武力的”ではなく“社会的”に苦戦するあたりが、現代的というか現実的というかw

ブログランキング

にほんブログ村 書評・レビューへ
↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪