こんなところにつながってたのか! 『天冥の標7 新世界ハーブC』

 小川一水の大河SFシリーズ第7部。珍しく前作の直後から始まる。

 太陽系規模のカタストロフを受け、地下都市がパニックに陥った小惑星セレス。巨大シェルターに避難した子供たちの集団が直面する、過酷なサバイバルを描く。

 特異な閉鎖環境を舞台に、子供同士の権力闘争とか、生き伸びるための試行錯誤など、『蝿の王』『十五少年漂流記』っぽいテイストをうかがわせながら、物語はゴンゴン進行。

 やがて眼前がパッと開け、第1部の風景が見えてきます。「こんなところにつながってたのか」と驚くやら感心するやら♪

ブログランキング

にほんブログ村 書評・レビューへ
↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪