マンガ

物語は過剰に壮大に 『ジョジョの奇妙な冒険6 ストーンオーシャン 』(1~17)

スポンサーリンク

 監獄を舞台にしたピカレスクロマンと思いきや、中盤でガラリと路線変更。
 物語は回を重ねるごとに過剰に壮大になり、とうとう宇宙が終わるわ、再生するわという事態に。

 作者が拡げた大風呂敷。それは畳まれてしまったのか、畳みきれなかったのか、クシャクシャで放置されてるのか…よく分からない。
 だけど、「ストーンオーシャン」がキッチリ完結したことは納得できるのです。

 小説みたいな文字媒体だと、あんな終わらせ方は無理かも。アニメみたいに動きがあっても、かえって難しそう。
 マンガでしか表現できない物語だったんだろう…なんて、妙に感心♪

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪

スポンサーリンク
天竺堂の本棚
タイトルとURLをコピーしました