幼少期から型破り 『はみだす力』

 スプツニ子!による自伝的な人生指南本。

 幼少期から型破りだった自分自身を持て余し、悩みもがきながら、アーティストとしての地歩を固めてきた半生。その過程でつかみ取った、確信や自負、覚悟などが明快にづづられてる。

 既存の制度や価値観に合わせることができずに苦しんでる青少年には、得るものが多い本だと思う。
 ただし、著者は数理科学に秀でた理系女子で、日英ハーフのバイリンガル、両親は数学者、家庭はかなりの高所得らしい。どこを“参考にする”かは、読み手が個々に見極めるべきかも♪

ブログランキング

にほんブログ村 書評・レビューへ
↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪