スーパーヒーローの“デビュー”当時 『デアデビル:イエロー』

 「アメコミ界の座頭市」とも言うべき盲目のスーパーヒーロー、その“デビュー”当時の活躍を描いたコミック。

 亡き恋人へつづる手紙というスタイルで、主人公マット・マードックが、社会人1年目の若き日々を回想する。
 大胆でスタイリッシュで、どこかノスタルジックでもある絵柄が、このホロ苦い物語に良く合ってる。

 フランク・ミラーの作品群にも比肩する傑作。マットの顔がヘチマみたいに見えてしまうところをのぞけばw

ブログランキング

にほんブログ村 書評・レビューへ
↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪