哲学について考えてみたくなる 『読まずに死ねない哲学名著50冊』

 名著とされる哲学関係の書籍50冊を、平易に解説した本。

 要点が簡潔にまとめられてるほか、後世への影響や、思想史における位置付け、現代の価値観とのズレなどにも目配りが効いており、よく練り込まれてる印象。
 単に読みやすい訳ではなく、慎重に考えながら読まないと理解できない箇所も少なくないけど、つまりは慎重に考えながら読めば理解できるように書いてあるということ。
 哲学者たちの思想をどう捉え、社会や人生に反映させるべきか、著者なりの意見も盛り込まれてる。

 本書の狙いは「哲学書を読んでみたくなる」ではなく「哲学について考えてみたくなる」にあるようです♪

ブログランキング

にほんブログ村 書評・レビューへ
↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪