本書自体がお手本に 『なるほどデザイン』

 印刷媒体というか2次元媒体向けの、デザインの指南本。

 さまざまな“技”を羅列して「こんな効果が出せる」「こんな処理ができる」なんて解説してる本は多い。
 けれど本書は、「こんな印象を抱かせたい」「こんな感情を喚起したい」という作り手の意向に基づいており、そこが最大の特徴。

 企画から仕上げまでのプロセスにおいて、必要とされる判断や作業、技術などの数々を紹介。
 ボンヤリとした構想を形にし、各種媒体へと具現化させるまでに、やらねばならないことを示してる。

 とても見やすくて分かりやすく、読み物として面白い。
 本書それ自体がデザインの良質なお手本になってるし、「やってみよう」という意欲をもたらしてもくれる。

 初心者からプロまで、学級新聞からグラビア誌まで、いろんなレベルに応じて幅広く活用できる、お得な一冊です♪

ブログランキング

にほんブログ村 書評・レビューへ
↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪