最先端の知見や議論 『いま世界の哲学者が考えていること』

 現代社会の難題について、哲学方面からのアプローチを紹介した本。

 予想を超えて進展する科学技術とか、既存の価値観を揺るがす事件・現象とか、そーゆーモノゴトに直面する時こそ哲学が有効らしい。
 なぜなら、俯瞰的な視点から「これはそもそもどのような意味なのか?」「これは最終的に何をもたらすのか?」と問い、考える学問が哲学だから。

 人工知能や遺伝子工学、宗教対立、環境破壊などについての、世界の識者たちによる最先端の知見や議論を紹介。扱い方は広くて浅いけど、刺激的でスリリングな内容です。詳細を知りたい人向けの図書ガイドも載ってるぞ。

 個人的に興味深かったのは、「宗教を自然科学だけでは説明できない」という言説。国家なども同様だって。
 なるほど確かに、「どうして日本があるの?」みたいな疑問に、科学だけで答えるのは無理かもw

ブログランキング

にほんブログ村 書評・レビューへ
↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪