シリーズ22年ぶりの新作 『コロンビア・ゼロ』

 谷甲州による「航空宇宙軍史」シリーズ22年ぶりの新作。
 地球-月連合と外惑星連合が戦った第一次外惑星動乱から40年後を描いた、オムニバス短編集。

 外惑星連合諸国が敗戦から復興し、戦勝国との摩擦が再び高まろうとしてる中、太陽系の端々で起こるキナくさい出来事。これらは根底で関連しており、新たな動乱の引き金になる。
 このシリーズ独特の、渋い魅力で読ませます。

 実は戦争って、ドカンと派手に“勃発”するものではないらしい。
 知らないところでいろんな事態がジワジワと進行していて、大衆が気付くころには、もう後戻りができない状況になってる…みたいな。
 SFらしからぬナマっぽい教訓がw

ブログランキング

にほんブログ村 書評・レビューへ
↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪