大戦の輪郭を浮き彫りに 『航空宇宙軍史・完全版』(二)

 谷甲州のSF作品群「航空宇宙軍史シリーズ」の総集編第2巻。短編集2冊の合本。

 前巻で開戦時のエピソードが語られた第一次外惑星動乱、その大戦の輪郭を、太陽系各所での大小さまざまな戦いを通して浮き彫りにする。

 人類初の宇宙戦争なんだけど、派手なドンパチが展開する訳じゃない。互いが見えない遠距離からセンサー類を駆使したり、敵艦の軌道を予測しながら武器を放ったり…潜水艦の戦いにも似た緊張感や閉塞感があって、むしろ新鮮。

 印象的だったのは後半の第3話「アナンケ迎撃作戦」。
 絶望的な迎撃戦を控える前線作戦室が舞台で、そこへ母星で勃発したクーデターとか、玉砕覚悟で出撃する艦隊とか、そんな断片的な情報が続々と入ってくるという。大戦終結までの劇的な状況が密室劇の中で描かれており、これまた新鮮でした♪

ブログランキング

にほんブログ村 書評・レビューへ
↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪