チャンバラもイケる 『ヤマンタカ』

 夢枕獏による、中里介山『大菩薩峠』のリブート作。

 主人公は、新選組副長の土方歳三。京都に出立する以前、薬の行商人をしていたころ。
 自分の若さを持て余してる歳三が、「音無しの構え」を使う魔剣士・机龍之介と出会い、戦いを通して成長していく物語。

 龍之介が虚無的な性格に育ち、恐るべき剣技を会得した背景に、著者が新たな設定を付与。それなりに説得力があって興味深い。

 真剣での立ち会いシーンは、読み手の痛覚に訴えてくるような、著者独特の生々しい迫力にあふれていて読ませます。
 刃物で斬られるって、本当に痛そう(当たり前か)。

 時代小説も数多い著者だけど、これが「格闘だけでなく、チャンバラもイケる」と初めて示せた作品になるんじゃなかろうか?
 そのせいか、描かれてる歳三が、『餓狼伝』の主人公・丹波文七と、妙にダブって見えるようなw

ブログランキング

にほんブログ村 書評・レビューへ
↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪