「エッセイ」の元祖 『モンテーニュ エセー抄』

 16世紀フランスの思想家による随想録。全3巻より11編を抜粋。

 「エッセイ」の元祖に当たるらしい。個人の身辺雑記が出版され、広く読まれるなんてことは、本書以前にはなかったそうな。

 書斎にこもる読書人でありながら、法官や市長も務めた著者。
 さまざまな人生経験や、それらを通しての思索、古典からの引用、さらには“結石の理不尽な痛みについて自らを納得させるためにはどのように考えるべきか”なんて下世話っぽい記述などなど。

 理想を希求する気高さと、弱さやおろかさを容認する態度が、イイ具合に混ざり合ってる。「中庸」の価値というか、普段の生活の大切さについて、改めて気付かせてくれます♪

ブログランキング

にほんブログ村 書評・レビューへ
↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪