巨大で複雑な流れを読み解く 『18歳から考える 国家と「私」の行方 〈東巻・西巻〉』

 松岡正剛による歴史の本。2巻14講の講義スタイル。話し言葉で書かれてるので、比較的読みやすい。半面、詰め込まれてる知識が膨大で、何とも目まぐるしい。

 イギリスで流行したコーヒーハウスから雑誌や政党や保険会社や広告が生まれたとか、ナポレオンの登場によってヨーロッパ各国が“列強”として覇権を争うようになったとか、ダーウィンの進化論のせいで「社会だってより良くなるはず」と信じられるようになったとか、資本主義にはいろんな形態がありすぎる(と見られてる)とか、やっぱ宮崎滔天はスゲーとか。
 各トピックの詳細については参考文献が挙げてあるので、ブックガイド的な側面も。

 学校で教わる歴史って、日本史と世界史があり、世界史は東洋史と西洋史に大別されてる。だけど、同じ地球上にあるんだから当然、日本の歴史は海外の影響抜きには語れない。
 東洋と西洋も影響し合ってきたし、中東やアフリカなども絡んでる。それに、歴史を動かしてきたのは、権力者の言動ばかりでなく、ある文化の伝播とか、ある思想の普及によるものも少なくない。

 世界各地で生じたモノゴトが、互いに影響し合いながら、現代社会を形成してる。
 この巨大で複雑な流れを読み解くため、著者は「インタースコア」を提唱、さまざまなモノゴトを“編集”して新たな見方や関係性を創出することらしい。大いに感心。

 一方で、たった3つの点から“顔”を見出してしまうような危なっかしさが人間にはあるから、“トンデモ仮説”に陥らないためにも、教養はしっかり身に着けておかねば…なんて思いました♪

ブログランキング

にほんブログ村 書評・レビューへ
↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪