“外国人が書いた和風ファンタジーの邦訳”みたいな 『ヴォイド・シェイパ』

 森博嗣による、ユニークな時代劇。

 伝説的な剣豪に山奥で育てられた青年ゼンが、旅をしながら剣士として成長していく物語…らしい。

 舞台は日本っぽいけど、人名はカタカナ表記だし、時代や地域などの明確な記述はない。
 著者独特の淡白でソリッドな筆致も手伝って、どこか“外国人が書いた和風ファンタジーの邦訳”みたいな、妙にエキゾチックな趣が。

 さまざまな人々に出会い、剣を交えたりする中で、「強さとは?」「生とは?」「死とは?」「剣の道とは?」などと迷い悩むゼン。
 自ら答を見出そうともがき、さまよい続ける姿には、吉川英治とか山岡荘八あたりに通じる、骨太なテイストが感じられるぞ。読み味は軽めなんだけど。

 作中に、新渡戸稲造『武士道』の抜粋が載せられてる。
 このあたり、理系思考が特徴的とされる著者による、日本人のメンタリティについての解釈…という風にも読めそうです。

 シリーズ化されてるので、続きが楽しみ♪

ブログランキング

にほんブログ村 書評・レビューへ
↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪