西部劇っぽくて燃える 『ウルヴァリン:オールドマン・ローガン』

 ウルヴァリンが主役のアメリカンコミック。なんだけど、通常のマーベルコミックとは異なる世界が舞台。

 スーパーヒーローたちがヴィラン(悪役)に敗れ去り、文明が崩壊しかかってる、近未来のアメリカ。
 ウルヴァリンことローガンは、かつて「X-MEN」メンバーとして活躍してた過去を封印。田舎で農業を営みながら、妻子とひっそり暮らしてる。

 そんなローガンの前に、かつてヒーローだった仲間が現れ、危険な仕事を持ちかけてきて…という、まるで西部劇みたいな物語。

 大物ヴィランたちに分割支配されてるアメリカという“現在”の状況が、興趣をそそる。加えて、ヒーローたちがことごとく敗北し、ローガンが隠遁するに至った“過去”の出来事が、なかなかにショッキングで読ませるぞ。
 ヒーローたちのカッコ良さをわざと踏みにじってるような、何とも意地悪な描き方。

 すべての謎が明らかになった終盤。ガマンにガマンを重ねていたローガンが、ついにブチ切れ、怒りとともにウルヴァリンの爪を解き放つ。
 こーゆー“お約束”の展開がまた西部劇っぽくて燃えるのです♪

ブログランキング

にほんブログ村 書評・レビューへ
↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪