囚人たちの読書会 『プリズン・ブック・クラブ』

 カナダの刑務所で行なわれてる囚人たちの読書会に、女性ジャーナリストがボランティアとして加わった、1年間の記録。

 いくつか面白い読みどころがある。

 まず、ユニークなブックガイドとして読める。
 囚人向けに選ばれ、囚人たちの多様なコメントが付いてる本ばかりなのだ。

 犯罪被害者が回復した体験記としても読める。
 強盗に襲われた経験があるという著者は、囚人たちと接することでトラウマを克服していく。

 ソーシャルワーク実践の好例としても読める。
 囚人たちが個々に内省を深め、自ら立ち直ろうとする“力”を、読書がもたらしてくれると分かる。

 さらには、読書会の普及・啓発本として読める。
 同じ本を読んだ者同士が語り合うことの、友好的で刺激的で楽しそうな雰囲気が伝わってきます。

 ああ、読書会やってみたいなぁ…♪

ブログランキング

にほんブログ村 書評・レビューへ
↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪