自然に振る舞いたい“本当の自分” 『「普通がいい」という病』

 精神科医による“生き方指南”みたいな本。講話スタイルで書かれていて読みやすい。

 私たちは日常的に、「みんな仲良く」「怠惰はダメ」みたいな合理的思考や社会的規範でもって、自然に振る舞いたい“本当の自分”を制御しようとしており、ここに無理が生じると、精神障害を招いてしまうことも。
 こんな人間の特性を理解した上で、周りの常識や道徳を疑い、自ら考え・感じることによって“自分”を取り戻そうと訴えてる。

 心の問題を理解する手がかりとして、古今東西の文学作品や、文化人らの発言などを多数引用してるところが、ちょっとユニークでした♪

ブログランキング

にほんブログ村 書評・レビューへ
↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪