移民たちに寄り添う神々 『アメリカン・ゴッズ(上・下)』

 ニール・ゲイマンのファンタジー巨編。

 舞台は現代アメリカ。さまざまな民族・人種が集まるこの国には、移民たちが連れてきた世界各地の神々も存在してる。ところが、信者が減少したり、科学や経済への信頼が高まるにつれ、神々は力を失い、庶民に紛れて暮らすように。危機感を抱いた北欧出身の旧神が、全米の同類たちに檄を飛ばし、インターネットやクレジットカードなど新興の神族に戦いを挑む…という物語。

 「人間たちが心の拠りどころとして神々を創造した」との世界観・設定が、なかなかにブッ飛んでいて刺激的。けれど、アメリカの社会や風俗などの細かい描写が巧みに織り込んであり、奇妙なリアル感が漂う。

 また、かつての移民たちの苦労と、寄り添う神々の姿が、各章の間にサイドストーリー的に挿入され、どれも掌編ながら読み応え充分。寓話めいた物語に、シリアスな陰影をもたらしてます♪