西行の生涯、伝奇テイストで 『宿神』(1、2)

 漂白の僧にして歌人・西行の生涯が、伝奇テイストで描かれていくらしい。

 北面武士時代の西行(佐藤義清)と平清盛は、『陰陽師』の晴明&博雅コンビっぽい。
 奥深い蹴鞠の世界とか、ちょっと興味が湧く。

 これから、死者を蘇らせたというフランケンシュタインな逸話とか、きっと出てくるに違いない♪

ブログランキング

にほんブログ村 書評・レビューへ
↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪