読み応えある歴史小説 『光圀伝』

 水戸光圀の生涯を描いた歴史小説。

 隠居の身である光圀が、重臣を殺害するという、謎めいた場面で始まる。
 そして物語は少年時代までさかのぼり、傾奇者だった青年期から、文事に励む壮年期、歴史書『大日本史』編纂事業への着手を経て、また冒頭の場面に至る。
 重臣殺害の理由には、驚きつつも感心。後世の大政奉還にまでつながっていく壮大さがある。

 重厚にして読み応えたっぷり。
 剣豪・宮本武蔵のほか、『天地明察』の渋川春海がゲスト出演してるぞ。

 ちょっと興味深かったのは、公家の文化人から“文芸の極地”みたいなものが明かされるというエピソード。
 内容の芸術性よりも、作文の超絶技巧が「凄い」とされる。「何が書かれてるか」ではなく、「どう書かかれてるか」を重視する価値観。
 確かに凄いんだけど、思わず「そっちかい」なんてツッコミたくなりましたw

ブログランキング

にほんブログ村 書評・レビューへ
↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪