自分で立ち上がるしかない 『大穴』

 初めて読んだ「競馬シリーズ」。

 誰だって気高く毅然として生きていたいけど、やっぱニンゲンは弱いから挫折して、自己嫌悪の沼にハマってしまったりする。
 けれど、自分が嫌いであっても、立ち上がるためには自分の両手と両足を使うしかないのだ…なんてことを、強く再認識させてくれる主人公の物語。

 初めてにふさわしい本だったかも♪

ブログランキング

にほんブログ村 書評・レビューへ
↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪