幽霊屋敷をさまざまな切り口で 『私の家では何も起こらない』

 幽霊屋敷を描いた連作短編。全10話。
 同じ屋敷を舞台に、語り手や年代、趣向などが、それぞれ異なってる、凝ったホラー。

 著者は「家という“枠組み”に幽霊が留まるのはどうしてか?」みたいな疑問を抱いてる模様。
 その答を、書きながら模索してるカンジがする。

 読み始めは実にスリリング。ところが、ページをめくっていくうちに、予想外の方面へ連れて行かれる。で、どこか釈然としない気分のままに放り出されてしまう。
 恩田作品らしいと言えば、らしい一冊。

 読み手を怖がらせることが狙いではなさそう。
 幽霊屋敷というものを、さまざまな切り口で描いてみたかったんじゃなかろうか?

 読後「毎夏叩き潰してる蚊の幽霊はいないのか?」「埋葬地ではなく死亡現場に幽霊が出るのは何故?」なんてことを考えてしまいましたw

ブログランキング

にほんブログ村 書評・レビューへ
↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪