“理屈でない”ことが分かってしまう 『「死ぬのが怖い」とはどういうことか』

 ロボット工学から脳科学まで網羅してる理系研究者による“死”の考察。

 私たちが行動する際、脳が認識するよりも先に身体が動いてることが、近年の研究で明らかになった。
 よって、「意識」や「心」と呼ばれているものは、身体活動をモニタリングする“追認機能”でしかない。

 思考に基づいて行動してるつもりでいた私たち。
 だけど実は、行動が先行し、それを後から意味付けしてるのだ。

 自由意思は幻想に過ぎない…と著者は主張する。

 好き勝手に行動する身体を、映画みたいに観てるのが人生。
 人生の上映が終わって真っ暗になる、それが“死”というものらしい。

 そう気付いて、著者は死ぬのが怖くなくなったそうな。

 とは言え、そんな理屈でもって恐怖を克服できるかどうかは、人それぞれ。
 少なくとも私は、上映後の暗闇に呑まれるのが怖い。

 死生観は“理屈でない”ことが分かってしまう本でしたw

ブログランキング

にほんブログ村 書評・レビューへ
↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪