私たちの言動を支配するもの 『考えてるつもり』

 私たちは、何でも自分できちんと考え、理性的に行動してるつもりでいる。
 けれど実際は、周囲の状況に大きく左右されており、しかも自覚できてはいないらしい。

 そんな気まずい事実を、社会心理学による実験や知見でもって教えてくれるのが本書。

 しばしば「女性は数字に弱い」などと言われる。
 ところが、ジェンダーバイアスを取り去ったうえで試験したところ、数学の学力に明確な性差は出なかった。

 人種差別を嫌ってる良識的な人々。
 しかし、彼らに簡単な心理実験を行なってみると、ネガティブな言葉と黒人名を結びつけてしまう傾向が現れた。

 これらの背後にあるのは、集団の同調圧力や、マスコミがもたらすイメージだと。
 気付かないうちに、私たちに強い影響を及ぼしてるそうな。

 自分の言動を客観的・批判的に見るクセを付けておかなければならないようです。

ブログランキング

にほんブログ村 書評・レビューへ
↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪