自由とは? 労働とは? 投げかけられる疑問 『所有せざる人々』

 東京から大阪までを“散歩”した、久住昌之のエッセイ。

 あえて下調べなどはせず、気まぐれに寄り道などをしながら、マイペースに歩く。
 くたびれたら、そこで切り上げて、鉄道で帰宅。そして後日、中断した地点まで鉄道で戻り、散歩を再開する。
 ルールが無いとも言えるけど、“自然体で臨む”みたいなルールを守ってるとも言える。

 こんな調子で、東海道を2年かけて踏破したそうな。

 豪放磊落な“野武士”を気取り、旅路でのハプニングを楽しもうとする著者。
 そのくせ、道に迷って不安になったり、通行人に話しかけられてうろたえたり。スマートフォンのナビゲーションに頼ってしまうことも。
 意思と行動が一貫してないんだけど、そんな人間くさいところが、エッセイの面白味を増してる。

 興味深かったのが、東京都心で生まれ育ったという著者の、“田舎”というものの捉え方。
 都会の連中が地方を訪れると、何に目を向け、どう感じるのか? …田舎者の私には、そのあたりが新鮮でした♪

ブログランキング

にほんブログ村 書評・レビューへ
↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪