自由とは? 労働とは? 投げかけられる疑問 『所有せざる人々』

 アーシュラ・K・ル=グウィンの長編SF。

 舞台はふたつの惑星。
 ひとつは、過酷な風土の中、アナーキストたちが相互扶助によって暮らす、惑星アナレス。もうひとつは、肥沃な自然に恵まれ、資本主義経済が栄えてる、惑星ウラス。

 主人公はアナレスの物理学者。ある理由から、ウラスに政治亡命する。
 アナレスにいた時期と、ウラスへの亡命後が、交互に物語られるという構成。

 主人公の生い立ちに沿って描かれる、共産主義が純粋な形で具現化したようなアナレス社会。アナレス出身の亡命者という視点から描かれる、現代の欧米諸国にも似てるウラス社会。
 ふたつの対照的な世界をさまよう主人公を通して、物語は読み手に疑問を投げかけ、考えさせる。

 自由とは何か? 労働とは何か? モノを所有することは幸せなのか?

 本書は、「ハイニッシュ・サイクル」と呼ばれる未来史を構成する作品群のひとつ。
 宇宙に進出した人類が、さまざまな惑星に植民、長い時間をかけて特異な環境に適応した遠未来の世界。両性具有者の惑星が舞台となる『闇の左手』も、この作品群に属してる。
 「もしも社会が◯◯だったら…?」とか「人々が××だとどうなる…?」など、SFならではの思考実験が魅力です。

ブログランキング

にほんブログ村 書評・レビューへ
↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪