小説

あまりにも大河すぎる 『竜との舞踏』(1、2)

スポンサーリンク

 大河ファンタジー「氷と炎の歌」の第5部。
 米テレビドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」の原作でもある。

 グイン・サーガと韓流時代劇と柴田錬三郎を足して3で割り、ベルセルクとマッド・マックスを振りかけたようなテイスト。
 あまりにも大河すぎて、登場人物は憶えきれず、相関関係は把握しきれず。

 それでも、読み始めたら止まらないのです♪

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪

スポンサーリンク
天竺堂の本棚
タイトルとURLをコピーしました