“クリフハンガー”ばかり 『竜との舞踏』(3)

 『氷と炎の歌』第5部の最終巻。

 TV作品もよくできてるらしいけど、この物語を完全に映像化するのは難しいだろうな、倫理的にも。

 複数のストーリーが個別に進行してるんだけど、著者がハリウッドで身に付けたという“クリフハンガー”による幕切ればかり。
 登場人物たちの今後の運命が気になって気になって仕方がありません♪

ブログランキング

にほんブログ村 書評・レビューへ
↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪